専門家に依頼をしたら返済はいつからスタート?

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s

専門家に任意整理を依頼した際のメリットとして、返済はいったんストップし、貸金業者からの請求が一切こなくなります。
今まで返済苦に悩まされていた方からすれば、かなり精神的負担が軽減されるのではないでしょうか。
しかし、その一方で、返済はいつからスタートすることになるのか?といった、不安が生じてくることになります。
いずれは返済をしなければならないのです。

それでは今回は、専門家に任意整理を依頼したら、返済はいつからスタートすることになるのか?についてご説明していきましょう。

1~2ヶ月は確実にストップすることに

専門家は任意整理の依頼を受けると、まずは貸金業者に対して受任通知を出します。
この受任通知を受け取った貸金業者は、債務者に対して支払い請求をすることができなくなります。

その後、貸金業者は専門家に対して、取引履歴の送付をすることになっていますが、送付までの期間については貸金業者次第となっているため、早いところもあれば遅いところもあります。
一般には、1~2ヶ月程度で送付されてくることが多いといえますが、それ以上に期間を要する貸金業者もいるため、この期間については当然ながら返済がスタートすることはありません。

交渉や和解にも1~2ヶ月程度は必要

専門家は、すべての貸金業者からの取引履歴が揃い、債務者の抱える借金の金額が明確になるまでは、基本的に貸金業者との交渉を行うことはありません。
まだすべての借金額が明確になっていないにも関わらず、貸金業者との交渉が進み、和解をしてしまうと、その和解内容については後から変更が困難となるため、他の貸金業者との兼ね合いが取れなくなってしまうのです。
よって、取引履歴の開示が遅い貸金業者があれば、それだけ交渉のスタートが遅くなることになります。

なお、すべての取引履歴が揃ってから、さらに1~2ヶ月程度は交渉や和解のために時間が必要となるため、この時点でも若干の猶予があるといえます。

意図的にストップしておくことも可能

なお、専門家が貸金業者との間に介入しているのであれば、専門家に協力してもらい意図的に返済をストップしておくことも可能となっています。

貸金業者に対して、他の貸金業者との交渉の進み具合や取引履歴の開示状況を伝える義務はないため、「現在、準備中です」の一言で、貸金業者は引き下がるしかありません。

しかしながら、さすがにいつまでもストップしておくことはできないため、少しでも早く返済がスタートできるように生活環境を整える必要があるといえます。

現実の数字にすれば、専門家に依頼をしてから、半年~1年程度であれば、返済を意図的にストップしておくことが可能となっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ