任意整理を前に時効の確認をしよう

1fc1374b09b540b681bf164207357ed5_s

任意整理の手続きをする前に、必ずしておきたいのが「時効」の確認です。

現在まで継続して入出金を繰り返しているという方にはあまり関係がありませんが、その中でもすでに完済している貸金業者がある方は、時効は他人事ではないため必ず確認しておきましょう。

時効によって、返済する義務がなくなったり、過払い請求ができなくなったりもするため、任意整理をする前には必ず確認をしておきたい事項の1つとなっています。

借金が残っている場合の時効は5年

借金が残っているような場合の時効期間は5年とされています。

たとえば、返済が滞っていて支払いができないため一時的に放っておいたところ、しばらくは貸金業者からの請求が続くことになりますが、一定期間を過ぎると請求がこなくなります。
その後、すっかり忘れていたころに請求がくることがありますが、このような場合は最後の返済から5年が経過していないかを必ず確認するようにしましょう。

もし仮に、5年間が経過しているようでしたら、その請求については支払いをする必要がありません。
時効援用という手続きによって、返済義務がなくなります。

完済後の過払い請求の時効は10年

次に、すでに完済している貸金業者がいる方についても見ていきましょう。
特に、平成18年前後から取引をしていたという方は、過払い金が発生している可能性が非常に高いです。

しかし、完済日から10年が経過してしまっていると、時効によって過払い金請求をすることができなくなってしまうのです。
正確には請求をすること自体はできても、貸金業者側に時効援用をされてしまい、その後は請求する権利がなくなってしまうというわけです。

たとえ、何百万と過払い金が発生していたとしても、手元に戻ってくることがなければ意味がありません。
過去に完済している貸金業者がいる方は、必ず時効について確認しておきましょう。

わからない場合は専門家に確認をしてもらう

貸金業者との最後の取引日がどうしてもわからない場合は、専門家に依頼をすれば確認してもらうことが可能となっています。
貸金業者からの請求が来ている方は、その請求書に最後の返済日が記載されていることが多いですが、逆に過払い請求の場合は、最後に返済した日を覚えている方は滅多にいませんし、貸金業者側もいちいち通知を出してくるようなことはありません。
よって、時効の確認は必須といえます。
確認をしたところ、時効期間前であり、過払い金が発生しているようでしたら、そのまま確認を依頼した専門家に回収までを依頼してしまうのも良いかもしれません。
専門家が事情をわかってくれているため、回収もよりスピーディになるといえます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ