任意整理とはなんだろう?

sts_s当サイトにお越しいただいたということは、「任意整理に興味がある」、「借金に悩んでいて任意整理という言葉にたどりついた」、といった方がほとんどなのではないでしょうか?

そういった方が必ず抱く疑問に、簡潔にお答えすると・・・

任意整理とは、「借金を整理する1つの方法」です。

借金を整理する方法としては、任意整理をはじめ、自己破産、個人再生、特定調停とあり、こういった手続きの総称が「債務整理」と呼ばれ、借金を合法的に整理する方法として知られています。
つまり、任意整理という手続きは、債務整理という借金を整理する手続きの中の1つです。

ちなみに、ご自身が任意整理が可能かどうかはオンラインのシュミレーターが役立ちます。

まずはシュミレーターで現在置かれている状況を正確に把握しておきましょう。

↓任意整理が実際に可能かすぐ分かるので非常に便利です。

syum

 

任意整理の特徴

011329bca08071222482e4ee28d0a7f4_s

任意整理は、基本的に貸金業者への返済自体は継続していく手続きになります。

ただし、利息や遅延損害金といったものをカットし、借り入れた元金、もしくはそれに近い金額での返済になるため、手続き前と手続き後では、まったくといっていいほど返済への負担が違います。

また、貸金業者との交渉によっては、長期の分割返済が認められることもあるため、1ヶ月における返済負担が大幅に減少する点も、任意整理の特徴といえます。

他の債務整理手続きとは違い、任意整理では裁判所を介する必要がないため、手続き自体も非常にスピーディで、解決までの期間が短いことも特徴です。
さらに、払い過ぎていた利息が手元に戻ってくるという「過払い金請求」を併用することもでき、事情次第では、まったく返済することなく借金を完済できてしまう可能性が十分にあります。

では、任意整理を利用するためには、どのような条件があるのでしょうか?

任意整理を利用するための条件

a765c08c5ce668ae5e5e04d343ecda22_s

任意整理は、自己破産とは違い、返済自体から免れるための手続きではないため、利用するのであればある程度の収入が必須条件です。

また、長期分割返済といっても、一般的な相場は3~5年(36回~60回)での返済とされているため、この期間内に返済できる見込みも必要です。

ただし、自己破産といった他の債務整理手続きとは違って、任意整理にはほとんどデメリットがないため、借金問題に悩まされている方なら、本当に誰でも利用することができる手続きです。

では続いて、任意整理のメリット・デメリットについても見ていきましょう。

任意整理のメリット

46bdf3ea8b37829b32c0fb6874bde7be_s

任意整理をすることによって、返済負担が大幅に軽減されます。

また、任意整理では対象とする貸金業者(債権者)を選択することが可能となっていますので、一部だけ特別扱いもできるという、非常に自由度の高い手続きになっています。様々な事情に臨機応変に対応できるという点は、まさにメリットといえるでしょう。

さらに、任意整理を専門家に依頼すると、すべての返済がいったんストップすることになります

もちろん貸金業者からの取り立て行為もストップしますので、この期間中に返済への準備を整えることができるだけでなく、精神的な安息を得ることも可能です。

貸金業者からの催促の電話や郵便物というのは、借金に悩まされている方にとっては非常に耐えがたい苦痛の1つです。それが任意整理をすることによって、すべて解決することになります。

一見すると、良いことだらけの任意整理ですが、任意整理もメリットばかりではありません。

任意整理のデメリット

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

任意整理をすると、任意整理による完済から5年程度は、新たな借入が困難になってしまいます。
つまり、新たにローンを組めなくなったり、クレジットカードを所持できなくなったりという不自由さを強いられることになります。とはいえ、こちらのデメリットはすべての債務整理手続きにて共通となっていますし、借金を整理しようというのだからこの点は致し方ないともいえます。

任意整理では、他の債務整理手続きとは違い、借入が困難になることくらいしかデメリットがありません。

このデメリットについても、考え方によっては、「借金がこれ以上増えない」、「浪費癖を治すことができる」と、プラス方向に捉えることも可能となっています。

捉え方次第でデメリットをデメリットに感じなくなるという点、他の債務整理手続きにはない、任意整理ならではのポイントといえます。

では、任意整理をするとその後の生活はどうなってしまうのでしょうか?

任意整理後の生活

820c595a289354250562409b2ed0cc7b_s

任意整理をする上で、どうしても気になってしまうのが任意整理後の生活です。

「どのような不利益を被ることになるのか?」、「どの程度周りへの影響があるのか?」と、気になることはたくさんありますが、実際には任意整理をしたからといって、その後の生活への影響はほとんどありません。

ただし、デメリットとして挙げた、数年間は新たな借入が困難になってしまう点については、どうしても強いられることになってしまいますが、借金を最短距離で完済しようとすれば、こちらは当然のことですし、上記したようにそれが必ずしもマイナスになるとは限りません。

こうしたことから、ショッピングについては、現金一括での支払いが基本となってしまいますが、それを除けば生活に影響はほとんどないといっても過言ではありません。

自身が口でも滑らせない限りは、友人や職場に知られてしまうこともまずないといえるでしょう。
よく、任意整理後の生活を心配している方がいらっしゃいますが、ほとんど心配はありませんので、安心して手続きへと臨んでください。

 

 

 

任意整理を成功させるためには

64c6103a1092189520590f3148659262_s

任意整理をどうしても成功させたいのであれば、専門家への相談は必ず検討しましょう。

任意整理という手続きは、なんといっても貸金業者との交渉が最重要となる手続きです。

というのも、任意整理における返済条件というのは、貸金業者との交渉のすえ、双方の合意によって成立することになり、その後の返済が開始されることになります。
よって、より負担の少ない返済条件で合意をするためには、貸金業者との交渉を有利に進めていく必要があるのです。

個人で任意整理を行おうとした場合、貸金業者に対して「借金をしているのはこちら側・・・」、という負い目の意識があるため、どうしても対等に交渉をすることができません。

しかし、専門家であれば、負い目の意識なんてものはありませんし、対等どころか知識量が遥かに貸金業者側を上回るため、こちらに有利な条件で合意に至る可能性が十分にあります。
もちろん、普段から交渉を行っている経験豊富な専門家であれば、その可能性はさらに上がるといえます。

こうしたことからも、任意整理を成功させたいのであれば、個人で無理に行おうとするよりも、専門家に力を借りてしまったほうが、成功への道は確実に開けるといえます。

実際に任意整理可能かはシュミレーターで判断

ご自身の現在の状況が本当に任意整理可能かどうか、直接法律の専門家に相談する前にネットの無料シュミレーターを使ってみましょう。
一口に債務整理といっても任意整理、個人再生、自己破産など法的な手段は幾つもあります。

ご自身の状況にどれが適しているか知るのにこういったシュミレーターが便利です。
街角法律相談所
amats2解決実績1万件以上。
借金解決ツールとして定番シュミレーターです。

過払い金にも対応しているので、借金がどれくらい減額するかも分かります。
入力1分で現在の状況を分析し、具体的にどういった方法が最適化が分かります。

tasts


↓取り立て等で急ぎなら今すぐ司法事務所に相談がおすすめ。

エストリーガルオフィス
急ぎならこちらの司法書士事務所が任意整理に強いです。
他事務所で断られた方、法定金利内でも、1件からでもOKなので、
気軽に相談する事ができます。
依頼すると受任通知を貸金業者に送ってくれるので、取り立てもストップ。
とりあえず話しを聞いてもらうだけでも心から安心できます。
無料電話相談:0120-359-007

rt

 

 

任意整理の第一歩は専門家への相談

上記したことから、任意整理をおこなうのであれば専門家への相談をおすすめします。
法律の専門家と聞くと、高額な費用を請求されたり、なんだか敷居が高いように感じられたりしてしまいますが、実際にはそんなことはありません。気さくな専門家ばかりとなっていますし、ただでさえ借金に困って相談をしに来ている方に対して、高額な費用を請求するなんてことはしません。

また、無料で相談に乗ってくれる専門家は数多くいますし、支払いについても分割にて応じてくれる専門家ばかりなので、イメージしているような心配は必要ありません。
借金問題について解決を図りたいのであれば、まずはプロである専門家に相談をしましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ